現場の声 2016.07.11

上辺だけでない、いつでも正直な態度で生徒の味方になる|吉川ゆみゑ先生

生徒だけでなく保護者にも真正面から向き合い、多くの問題を解決!教師をしながら言語療法士の資格取得のため勉強中

先生がトライで教えることになったきっかけを教えてください。

私は元々、学生の時に個別教室のトライで今の教室長の下、3年くらい働いていました。その後は全然違うジャンルの外資系ITコンサルタントとして他の会社で働き、コンサルタントの後は外国の方に日本語を教える日本語教師をしていたのですが、それと同時にトライの教師も並行してやっていました。
そんな時に、木村先生からトライ式高等学院の立ち上げの話をもらったのがきっかけですかね。

色々な経験をお持ちなんですね。先生は現在何人くらいの生徒をご担当されているんですか?

現在は10名位ですね。全教科教えていますが、一番得意なのは英語で、英語なら任せろといった感じです(笑)

入学してくる生徒は大学受験を希望している子が多いのでしょうか?

そうですね。受験を目指して入学される方が大半です。でもスランプの時期が定期的にあって、それを無理矢理乗り越えさせようとすると、心がまだ完全に元気なわけではないので折れてしまう子も多いんです。ですから、無理に受験は勧めません。大学が全てではありませんし、親御さんとお話しをすると、大学よりも『社会に出た時に、独り立ちできるようになってくれれば良い』とおっしゃる方がほどんどなんです。

色々な生徒がいると思いますが、先生が生徒と接する上で気を付けていることはありますか?

あえて言うなら、『正直に接すること』ですかね。嫌われても良いという覚悟で、何も嘘はつきません。生徒が面倒くさいことをしていると思ったら「面倒くさいぞ」って言うし、「ウジウジするな」と叱ることもあれば、時には労わりもします。子どもたちは素直で見る目もあるので、大人が猫をかぶっていると見破られてしまい、心を開いてくれません。なので、正面から本気でぶつかるようにしています。

これまでたくさんの生徒を担当されたようですが、大変だったのはどんなことですか?

大変なことはたくさんありました(笑)特に大変なのは、家庭が子どもを放棄してしまう場合ですね。家庭内暴力があったりすると、親御さんも一緒に住みたくない、手放したいとおっしゃる方も中にはいて…。そういう場合、生徒がここに急に来なくなったりした時に連絡の取りようがなくなってしまって、すごく大変になります。

1 2

吉川 ゆみゑ(ヨシカワ ユミエ)先生

主な担当教科:全教科
明るく前向きで、常に正直に生徒と両親に接することが出来る講師。

不登校・ひきこもりに悩む親御様に、解決から進学までの情報をお届けしています。

このサイトは、トライ式高等学院が運営しています

トライ式高等学院について