現場の声 2016.07.11

生徒と根気強く向き合い、喜びを分かち合う|調拓郎先生

校舎から逃げ出していた生徒が、信じて我慢強く待ち続けたことで AO入試に見事合格

まず、講師になったきっかけを教えてください。

大学卒業後に商社に入社したんですが、そこで挫折を経験しまして、退社して1年間海外放浪の旅に出たんです。帰国して仕事を探す段階になったとき、海外での子供たちと出会いや、大学時代の個別指導塾での指導経験、そして自分の挫折や失敗を生徒たちのために役立てられれば、と思ったのがきっかけです。

トライの講師として、ターニングポイントになった生徒さんはいますか?

そうですね。昨年の卒業生で、無事大学に合格した女の子がいます。入学当初は校舎から逃げ出したり、約束した時間に来なかったり、そうかと思うと翌日ケロリと登校してきたり。そんな彼女が、ある大学に進学したいと言い出したのが高3の6月頃だったんですが、be動詞の過去形も分からない状態でした。

その状態からでも、進学を志したんですね?

そうなんです。それで、今からだと一般入試は無理だろうということで、AO入試を狙おうということになりました。今から大学の先生にやる気を見てもらえれば勝機が見えてくるかもしれないということで、その大学で開催される全てのオープンキャンパスに一緒に顔を出そうということになったんです。

先生もオープンキャンパスに毎回一緒に参加されたわけですか?

はい。でも、自分のことなのに彼女は待ち合わせに遅れて来るんです(笑)。正直なところ、これでは…と思っていたんですが、回を重ねるにつれ遅刻もなくなって。大学の方に質問ができる個別相談でも最初の頃は僕ばかりが喋っていたんですが、段々彼女も自分から質問をするようになって、ある日「先生もう私、一人で大丈夫だから」と言い出したんです。

それは嬉しい変化ですね。

心配なので実は僕、陰からその様子を見守っていたんですが(笑)、彼女は時間いっぱい最後の一人になるまで熱心に質問をしていました。「ああ、成長したなぁ」と本当に嬉しくなりましたね。最終的に彼女は合格できて、その結果を知ったときは僕も歓喜して彼女と一緒に泣いてしまいました。

彼女が変わっていったのは、なぜだと思われますか。

信じて、怒らず、我慢強く待ち続けたからでしょうか。誰でもそうですが、一人でも自分を信じてくれる人がいればいつか立ち直れるし、変わっていけるのかな、と。彼女はその後、トライの卒業生代表に選ばれたのですが、壇上で僕との思い出を語ってくれました。彼女も僕も涙で顔が…(笑)。そういう経験があるから、生徒を信じられるし、頑張れるんです。

1 2

調 拓郎(シラベ タクロウ)先生

主な担当教科:全般
受験生から不登校の生徒まで幅広く担当。生徒と根気強く向き合い進路確定まで導く。

不登校・ひきこもりに悩む親御様に、解決から進学までの情報をお届けしています。

このサイトは、トライ式高等学院が運営しています

トライ式高等学院について