現場の声 2016.07.11

積極的にコミュニケーションを図り、一人ひとりと向き合う|坂井秋平先生

なるほど。今を肯定して、そして前向きにさせていくのですね。

そうですね。とにかくほめるようにしています。その生徒さんは、ほめるとすごく素直に喜んでくれるんです(笑)。今までは、何に対しても自信が持てなかったようですが、勉強もわかるようになってくると、自分にも出来るのかなって思い始めたみたタイミングで、じゃあ、大学なんてものがあるから、ちょっと意識してみては?と導いてみたんです。そうすると自分でも出来るのかもって思ったみたいで、大学を目指してみようと考えるようになったのだと思います。

生徒さんとコミュニケーションを図るうえで、心がけていることはありますか?

そうですね。一番に心がけていることは、一人ひとりに合わせた接し方を大切にすることです。通信制高校やサポート校に通学している生徒さんたちは、それぞれ何らかの理由や悩みを抱えているわけだから、そこはデリケートに扱う。話すことも聞くことも大事なんだけど、人には触れられたくないことがある。そこには、踏み込まない。その線引きをしっかり引くことですね。

なるほど。多感な年頃の生徒さんには細やかな気遣いが必要そうですね。

そうなんです。だから、否定しないことを心がけています。どんなに間違った意見でも真っ向から否定せず、まずはその意見を尊重し受け止める。生徒さんたちが、どんな事を言ってもいいんだなって思えるように、自分にオープンになれる空気をつくってあげるようにしています。その関係性が築けたら、間違った意見については「でもこんな意見もあるよ」と軌道修正してあげるようにしています。

これからもいろんな生徒さんと出会う機会があると思いますが、どんな講師でありたいですか?

教務力を磨くことも1つの目標ですが、授業時間の倍ぐらいかけて授業外の時間も大切にできるような講師でありたいです。20代で生徒と年齢が近い分、出来ることを考えた時に、お互いに話しかけやすいのかなと思ったので、個別でも集団でも同じように、たとえ生徒さんにウザがられようとも(笑)、一人ひとりに話しかけてその子を知っていく。コミュニケーションがとても重要だと感じているので、今のこの気持ちを忘れずに生徒さんたちと向き合っていこうと思います。

最後に、不登校やひきこもりで悩んでいる子供たちにメッセージを。

一番言いたいことは、「ここに敵はいない」ということ。本学院に通っている生徒さんはみんな悩みを抱えているため、人を傷つけるような子はいません。一歩踏み出すことはとても勇気のいることだけど、一歩踏み出してしまえば、ここには安心しかないですよ。

(取材日:2012/11/8)

1 2

坂井 秋平(サカイ シュウヘイ)先生

主な担当教科:英語/文系全般
20代で明るく接しやすい人柄から不登校生徒からの信頼があつい。受験指導も定評。

不登校・ひきこもりに悩む親御様に、解決から進学までの情報をお届けしています。

このサイトは、トライ式高等学院が運営しています

トライ式高等学院について