現場の声 2016.07.11

積極的にコミュニケーションを図り、一人ひとりと向き合う|坂井秋平先生

コミュニケーション先行で生徒との距離を縮めBe動詞からスタートした生徒が一般での大学受験を控える

トライ式高等学院ができたときから講師をしているそうですね。

ちょうど3年目ですね。家庭教師の仕事を紹介して頂こうと思ってトライにきてから、いつの間にかここにいます(笑)。短期間で多くの講師や、生徒さんが入ってきて、大きな組織になっていくのを身を持って感じています。

今まで、どんな生徒さんを受け持ってきましたか?

色々なタイプの生徒さんがいるのですが、みんなと一緒の環境で勉強することが難しい生徒さんを何人か受け持ってきました。生徒数が1~2名の教室なら頑張れるという子や、その中には、最初全くしゃべれない子もいましたね。

その生徒さんは、どれ位の期間しゃべれなかったんですか?

たぶん2~3ヶ月位話さなかったと思います。全くしゃべらないんですよ。だから授業では、勉強よりもしゃべろうとしてましたね。まずは、その生徒の趣味趣向を知ろうとしてました。そのうち、その生徒の趣味や好きなものなど意外な一面があきらかになってきたタイミングで、じゃあ英語らしきものをやってみようと。勉強は、本当に初歩からでしたが、少しずつ授業が出来るようになったら、みるみる伸びていきました。

一般で大学受験を控えているそうですが、初めから考えていましたか?

想像もできなかったです。勉強は、本当に初歩からだったので。推薦で無理やりいれられるかな、どうしようかなって正直思ってました(笑)。それが、今では一般受験を控えて頑張っている姿をみると、本当に頑張ったなって。それと高3になった今では、飯田橋教室にも通えるようになったんです。自らプリントをもらいにくるし、コミュニケーションも少しずつとれるようになったし、本当に成長したなって嬉しく思います。

その生徒さんが変わっていったのは何でだと思いますか?

何ででしょうね(笑)。他の生徒に対してもですが、自分のダメなところを見せるようにしています。僕は英語と国語の担当なんですが、高校の時に数学が本当にダメだったんです。2点とったこともあって、その2点も名前が書いてあったから(笑)。そんな話を生徒にもして、だから君だけじゃないよ、まだ間に合うよって。Be動詞から始めようぜって。

1 2

坂井 秋平(サカイ シュウヘイ)先生

主な担当教科:英語/文系全般
20代で明るく接しやすい人柄から不登校生徒からの信頼があつい。受験指導も定評。

不登校・ひきこもりに悩む親御様に、解決から進学までの情報をお届けしています。

このサイトは、トライ式高等学院が運営しています

トライ式高等学院について