現場の声 2016.07.11

過去を気にせず前向きに生きれるよう指導|坂上一敏先生

過去を振り返るのではなく、未来へ向けて前向きに生徒が歩んでいけるようにサポート

先生がトライで教え始めるきっかけは何でしたか?

以前は定時制と通信制を合わせたような専門学校に勤めていました。やんちゃな子や不登校の子などが多い学校で2年ほど働いて、その繋がりで5年くらい塾で教えていたところ、お話を頂いたのがきっかけですかね。

先生が子どもを教える上で大切にしていることは何かありますか?

大切にしていると言うか、基本的に今トライで担当している生徒たちは何かしらの問題を抱えて前の学校を辞めていますが、その事についてはあえて触れないようにしています。昔の事を振り返るよりも今を見て、目の前の事をしっかりやるようにして前向きに生きていけるようにする方が大事なので。

生徒の中には壁を作ってしまう子もいるかと思いますが、生徒たちとはどのように接していますか?

一人ひとり性格も違うので、同じようにはいきませんが、まずは第一印象でその子がどんな子かを見極めます。話を聞いてほしい子なのか、あまり自分の話はしたくない子なのか。本当はグイグイ生徒との距離を縮めたいのですが、あまりこちらが強く出過ぎると生徒の負担になることがあるので、あまり無理強いはせずに基本『待ち』の姿勢です。

生徒の親御さんと生徒の関係はどういうものが多いですか?

そうですね、親が子どもに気を遣いすぎている場合が多いですかね。学校などで傷を負っているのを親御さんたちは知っているだけに、あまり強いことは言えないようです。それでも、親がしっかりとしつけや教育をしていかないといけないので、ある程度は厳しくしないとダメだと思うんですよ。教師が学校で指導しても親が甘やかしてしまうと結局どれだけやっても逃げ場があると思ってしまうので、問題の解決や改善にはならないんです。

子どもだけでなく、親も努力しなければいけない部分もあるんですね。ちなみにですが、先生はどんな学生時代を送ってきたんですか?

僕は大学まで野球をしていて、野球選手になるのが夢だったんです。大学受験の勉強もしましたが、野球ばかりしていました。勉強もできず1浪して大学に入ったので、受験のしんどさも十分わかっています。僕は誰とでもしゃべれるし、学校が好きでしたし、友達もたくさんいたタイプですね。

今担当されている生徒の指導は何を目指しているんですか?

まだ、将来の夢や目標を見つけられていない子でも、長い目で見て大学や就職などで社会にちゃんと出れるようになってほしいと思っています。最終的には一人で生きていかないといけないので、一人立ちできるサポートを行うようにしています。あとは、勉強はすごくできるのに、人とのコミュニケーションや関わり方がわからない子が多いので、コミュニケーションを上手く取れるようにしてあげたいです。

今不登校や引きこもりで悩みを抱えている方にメッセージをお願いします。

とにかく、引きこもっている状態でずっといるのは良くないので、動き出さないといけない。挫折をバネにして強くなって欲しいです。最初の一歩を踏み出すのはすごくエネルギーのいることだけど、踏み出してさえすれば後は何とかなるものです。私たちがしっかりサポートするので是非頑張ってほしいです。

(取材日:2013/5/28)

坂上 一敏(サカガミ カズトシ)先生

引きこもりの生徒の指導を得意とする講師。学生時代は野球に熱中。

不登校・ひきこもりに悩む親御様に、解決から進学までの情報をお届けしています。

このサイトは、トライ式高等学院が運営しています

トライ式高等学院について