現場の声 2016.07.11

生徒との信頼関係つくりを重点に生徒とともに成長していく|村田愛美先生

不登校をマイナスと捉えず、一つの個性だと思ってほしい

トライで教師を始めたきっかけはあるのでしょうか。

学生の頃、家庭教師のトライで2、3年働いていたんです。大学卒業後は塾で講師をしていて、他にも仕事をしていたんですが、やはり教師の仕事が自分に合っていると思ったのがきっかけです。あと、集団より個別が好きなんです。マンツーマンでじっくり一人ひとりを見てあげたいという想いがありました。

集団より個別が好き、とはどういうことでしょう?

集団はクラス分けされているのですが、出来ないクラスの中でも出来る子と出来ない子に分かれてしまうので、クラス全体のレベルに合わせることが難しくなるんです。集団は不登校の子だけじゃなく、普通の子も厳しい部分があります。一人でも勉強が出来る子は集団でも問題ありませんが、学校の授業にもついていけない子は集団では厳しい。そこに歯痒さを感じていました。

なるほど。マンツーマンだと生徒との距離感が大切だと思いますが、距離を縮めるために実践していることはありますか?

何が好きなの?とか質問しつつ、自己紹介をすることでその子との共通点を探っていきます。初回の授業はそこにすごく時間をかけますね。だから最初の1コマ目は授業をせず、信頼関係をつくるためにコミュニケーションをとるようにしています。

先生は転入したけれどすぐには通学できない生徒への対応をお考えになっていると伺いました。どのように対応されているんですか?

勉強にネックがあるかどうかはひとまず置いておき、まずは学校に行くのが楽しいと思ってもらえるようにすることが使命だと思っています。学校に行けば自分の居場所があるんだと思えるようにしてあげることが重要です。人間関係が苦手でトライに来る子が多いので、先生と1対1の関係でもいいから、学校に行けば自分の味方になってくれる人がいることを知ってもらって、親にも言えない悩みを吐き出せる場所を作ってあげることが大切だと考えています。

居場所つくりが大切なのですね。その他にもありますか?

不登校の子は、一度学校を辞めて引きこもってしまったことで自信が0どころかマイナスになっています。普通に学校に行っている子なら当たり前にできる小さなことでも、成功体験を積み重ねていくことでまず自信を0の位置に戻してあげてから、プラスに引き上げてあげます。いきなり大きなことをやらせるのではなくて、出来そうなことから少しずつ挑戦させ、成功したら周りが褒めてあげる。それで、自信を付けさせて、マイナスのスパイラルからプラスのスパイラルにもっていく。そうすることで、最終的に踏ん張らなきゃいけないところで力が出せるようになります。

1 2

村田 愛美(ムラタ マナミ)先生

主な担当教科:文系全般/英語
生徒と共に常にチャレンジしている教師。趣味はマラソン。

不登校・ひきこもりに悩む親御様に、解決から進学までの情報をお届けしています。

このサイトは、トライ式高等学院が運営しています

トライ式高等学院について