現場の声 2016.07.11

生徒の気持ちを汲み取り独り立ちできるようサポート|川崎雅弘先生

子どもの気持ちを汲み取り、独り立ちをサポート

現在は引きこもってしまっている生徒を担当されているそうですね。

はい、そうなんです。今までたくさんの生徒を見てきましたが、完全にシャットダウンしている子は、コミュニケーションを取るのも大変です。色々なことがあって引きこもってしまっているので、無理に引っ張り出そうとはせず、とにかく待つようにしています。

なるほど。時間をかけて信頼関係を築いていくんですね。

誰にも会いたくないという子の場合は、とにかく「大人が自分の為に来ている」ということだけをまずは知ってもらうことからですね。親御さんが無理矢理部屋から引っ張り出そうとした事もありましたが、本人は意地でも出ないので(笑)

そのような状態からどのようにコミュニケーションを取っていくんですか?

やっと顔を見て会えるようになっても、初めは意思表示がうなずくだけの子もいるんです。勉強はとりあえず置いておいて、色んな話をこちらからして興味を示したことについて深く話したりもします。私は以前証券会社に勤めていたんですが、株の話をしたりすると意外と生徒は耳を傾けてくれるんですよ。学校では教えてくれないようなことだからですかね?配当がいくらで、それにかかる税金は何%かとか(笑)
色んな話をしながら、勉強して大学に行くだけが人生じゃないけど、社会で生きていくためには何かしらの知識や技術がないとだめなんだよって話はよくしますね。生徒が10人いれば10人みんなタイプが違うので、『こうすればいい』ってことはないのが難しいところではあります。

先生が教師をやろうと思ったきっかけは何なのでしょう?

実は日本サッカー協会が認定するライセンスのC級を持っているので、公立中学でサッカーの指導を手伝ったりしているんですが、その繋がりで塾や家庭教師をやり出したのがきっかけですかね。昔塾で教えていた子が大人になって、その子どもの勉強を教えたりもすることもよくあります。

先生の今後の目標は何かありますか?

引きこもっていしまっている子どもたちも、好き好んで引きこもっているわけではないんです。引きこもりになったり不登校になったりしたのは、何かしら必ず理由があるはずです。なので、その原因を探りながら子どもの気持ちをしっかり汲み取って、相手に断られない限りは子どもたちが一人立ちするための第一歩を踏み出せるように導く黒子的な役割をしていけたらとは思っています。

では今問題を抱えているお子さんをお持ちの親御さんにメッセージをお願いします。

とにかく第三者に相談した方がいいですよ。専門家でも教師でも。子どもと同じで親御さんもどうしていいかわからなくなってしまうので、抱え込まずに相談してください。

(取材日:2013/5/28)

川崎 雅弘(カワサキ サマヒロ)先生

引きこもりの生徒を担当。生徒が自立できるようサポートしている。

不登校・ひきこもりに悩む親御様に、解決から進学までの情報をお届けしています。

このサイトは、トライ式高等学院が運営しています

トライ式高等学院について