現場の声 2016.07.11

不登校の子が持っている個性を伸ばすことが大切|岩佐広人先生

生徒の個性、才能を伸ばすための指導を実践し進める道が1つではないことを教える

まず初めに、教師をしようと思ったきっかけを教えてください。

大学で心理学を勉強していて教育に関心がありました。また学生時代に友人の紹介で家庭教師をしていた経験を生かしたいと考え、教師になろうと思いました。大学卒業後は不登校のお子さまに対応している塾で働いていました。

なぜトライで教師をしてみようと思ったのですか?

塾で働いていたときから、大学院に行こうと考えていたのですが、社会経験を積んでから大学院へ行くほうがいいと思いました。そこでもっといろんな教育現場を見たいと思い、以前から勤めていた塾からトライへ移りました。家庭教師の経験もあり、集団でぼんやりと大勢の生徒さんを見るより、一人ひとりにスポットを当てて指導する方が自分に合っているかなと思ったということもトライへ移った理由の一つです。

なるほど。では、生徒と接する上で大切にしていることや理想の先生像はありますか?

大切にしていることは、生徒さんが持っている良いところや才能を伸ばしてあげることです。よく子どもの成長を花に例えるのですが、その子が持っている種に水や栄養を与えることで花を咲かせてあげたいと思っています。理想の先生像というと…実は教師は一番なりたくなかった職業なんです(笑)。学校の先生が好きだったわけでもないし。自分はまったく向いていないと思っていたのですが、実際やってみたらそんなこともありませんでした。やっぱり、生徒さんが成長していく瞬間を見れたときは、教師をやっていて良かったと感動しますね。具体的な先生像はないですが、自分が「こういう先生がいたらいいな」と思う先生に近づきたいです。

不登校の生徒と接するときに気を付けていることはありますか?

普通の高校が合わない子は、枠から飛び出ちゃうことがあるんです。枠から出ちゃうこともその子が持っている良さだったり個性だったりします。トライにいる子はそういう個性のある子ばかり。そういった子たちの個性を伸ばしてあげたいですね。あとは、不登校の子であっても、普通の子と変わらずに接するようにしています。「不登校だから」という見方はしていません。分け隔てなく普通に接することが大事だと自分は思います。

普通に接することは結構難しかったりしますが、保護者の方へアドバイスはありますか?

中学卒業の進路として、100%に近い生徒さんが全日制の高校に通っていますよね。それで、みんなが通う学校に行けないということは、うちの子はダメなんじゃないか、社会から外れてしまったんじゃないか、と保護者の人は考えてしまうのではないでしょうか。しかし、広い視野を持つと、普通の高校に行かなくても高校卒業程度認定試験を受けたり、通信制高校に入るなど他にも道はたくさんあります。その後に大学や専門学校に行けば、全日制の高校に通っていた他の子と何も変わりません。まだ10代だからいくらでも修正は効きます。だから保護者の方には情報を集めて、広い視野と長いスパンで子どものことを見守ってほしいです。お子さんの不登校は意外と重いことではない、と伝えたいです。

確かに、そう考えている保護者の方は多いかもしれないですね。最後に、不登校で悩んでいる生徒へメッセージをお願いします。

道は一つだけではない、だと思います。入った高校を必ず卒業しなくてはいけないわけじゃない。幅広い視野で物事を見ていけば、今自分が大きな悩みだと思っていることも意外と小さいと思えるのではないでしょうか。自分が学生の時を思い返すと、中学生や高校生の時が人生の中で大きな部分を占めてしまっていましたよね。学校で少し嫌なことがあると自分の人生すべてが嫌なものに思えてしまったり、友達とちょっと喧嘩しただけで人間関係にうんざりしてしまうなど、今思うと小さなことでも当時にしてみればすごく大きなことでした。だから、大きな視野をもって考えれば、見方が変わってちょっと気が楽になると思いますよ。人生は長く、みなさんの知らないことに満ち溢れています。自分の知っていることだけが世界のすべてではなく、自分がこれまで選んだ道以外にもたくさんの道があるということに気付いてほしいなと思います。

(取材日:2013/6/13)

岩佐 広人(イワサ ヒロト)先生

主な担当教科:全般
大学で学んだ心理学や家庭教師の経験を活かした指導で生徒をサポート。
生徒の個性を伸ばす指導を実践。

不登校・ひきこもりに悩む親御様に、解決から進学までの情報をお届けしています。

このサイトは、トライ式高等学院が運営しています

トライ式高等学院について