現場の声 2016.07.11

目標はトライ式高等学院から国立医学部合格者を出すこと|井本貴之先生

趣味の時間を充実させることでモチベーションアップ!海外に行くと日本では体験できないことがたくさんあるので視野が広がる

トライ式高等学院で教師をする前はどのようなお仕事をされていたんですか。

大学卒業後にゲーム会社でクリエイターとして働いていて、主に企画を担当していました。非常に忙しい毎日でしたが、土日など時間の空いているときに家庭教師のトライでバイトをしていました。

なぜ、家庭教師から高等学院の教師になったのですか。

家庭教師を続けているうちに、授業で使う参考書の制作に参加させてもらうなど、ご縁があってトライ式高等学院を立ち上げる時に声を掛けてもらったのがきっかけです。家庭教師をしているとき、不登校や引きこもりというバックグラウンドを持った生徒の指導が、そうじゃない生徒より難しいと感じたんです。そこで、より難易度の高い指導に挑戦したいという想いと、長期的に接することで引きこもりの状態から生徒さんが抜け出す手伝いがしたいという気持ちがあり、トライ式高等学院に魅力を感じました。あとは家庭教師のトライの仕事が面白かったというのも理由ですね。

そういった不登校の生徒さんと接するときに先生が気を付けていることやアプローチ方法を教えてください。

話す言葉はもちろんですが、バックグラウンドが一人ひとり異なるので、性格をよく見極めて接するよう心がけています。生徒さんの性格によって、厳しく指導するか優しく指導するかを正確に見極め、かつ学力を把握するのは一般的な家庭教師の指導よりも、より気を付けなければいけないことですね。それに、話を聞いてほしいタイプの生徒とあまり話さずに勉強だけしたい生徒がいるので、そこを見抜くことも大切です。生徒それぞれの空気を読んで距離を縮めていく必要があるので、日々考えながら接しています。でも私は勉強で引っ張るタイプなのでプライベートで関わりを持ったり、家庭に介入することはほとんどないですね。勉強で達成感を与えて成長させます。

なるほど。勉強でどうやって達成感を味わってもらうんですか。

レポートは決して難しいものではないので、学力に自信がない子には、まずどんどんレポートをやってもらいます。この課題が終わったから次はこの課題という風に、一つ一つ目標を作って、それを達成していく。その感覚をレポートを終わらせるごとに感じてもらうんです。

先生は受験指導が中心と伺ったのですが、どういった方法で受験勉強のモチベーションを上げているんですか。

大学の入試問題などの難しい問題を与えるんです。それを一緒に考えたり自力で解かせたりして、成功体験にしています。難しい問題が解けたというのは自信にも繋がりますからね。それと勉強に対して理由付けをしています。理系の生徒が多く、理屈で納得しないと前に進めない子もいるので問題や公式などの必要性を理屈で説明して納得させてあげるんです。一つ一つのことに理由付けをしてあげると、納得して前に進んでいきます。消化不良なことがあると生徒は腑に落ちない感じで帰っていくので、収穫があったなと感じてもらえるような授業にすることを心掛けています。

1 2

井本 貴之(イモト タカユキ)先生

主な担当教科:理系全般/受験指導
受験指導に定評があり医学部や難関大学に合格者を出している理系受験のプロ。海外旅行が趣味。

不登校・ひきこもりに悩む親御様に、解決から進学までの情報をお届けしています。

このサイトは、トライ式高等学院が運営しています

トライ式高等学院について