今後に向けて 2016.03.01

子どものやる気を生み出すことが復帰の第一歩

不登校・ひきこもりからの脱却は、子どものやる気をどう引き出すかがカギになります。

不登校生の心の中には、学校に行かないコンプレックスや勉強の遅れへの不安があります。また、不登校になったことで生活のリズムも乱れがちです。

こうした屈折した気持ちを和らげ、規則的な生活を取り戻してくれるのが、サポート校の指導講師であり、刺激し合える友達であり、朝から通学するという生活スタイルです。

たとえばトライ式高等学院の場合は、子どもの可能性を引き出し目標実現につなげることを理念にしています。そのため指導は生徒一人ひとりに教師がつくマンツーマン型。学習指導だけでなく、時に励ましたり、相談に乗ったりと、良き理解者として生徒に寄り添います。互いの信頼関係を築くなかで、生徒も学習や人間関係に積極的になっていきます。

こうした中で基礎学力をしっかり身につけていくことで、「自信」もついてきます。テストなどによって「成果が得られる」ので、勉強する「楽しさ」も実感できます。そして、大学受験や将来の職業など、次の目標について具体的に考えられるようになります。

子どもの意欲を引き出す3段階のサポート

トライ式高等学院では、3段階のサポートを実践しています。第1段階では、マンツーマンの利点を生かして生徒と講師の信頼関係をつくり、心のケアをほどこしながら、きめ細かな指導で学力面での自信をつけていきます。次の段階では、大学見学やキャリア教育、職業体験などを通して今後の目標を見つけてもらいます。そして第3段階で、子ども一人ひとりに合わせた最適な個別指導を通して、夢の実現をサポートしていきます。

子どもが自分で目標を見つけ行動していけるのも、不登校対応や家庭教師など豊富な実績と経験を持つトライ式ならではの指導・支援です。

不登校・ひきこもりに悩む親御様に、解決から進学までの情報をお届けしています。

このサイトは、トライ式高等学院が運営しています

トライ式高等学院について