今後に向けて 2016.06.01

通信制高校だけでは、ひきこもりの脱却は難しい

通信制高校は、自宅での自習が中心になるため、家の外に出たくない子どもにとって都合の良い学び方です。しかし、自分で学習の計画を立て、自ら奮い立たせて勉強を続けていかなければなりません。また、先生とのダイレクトなやりとりや友達との会話がありませんから、学習に対する外からの刺激もありません。

努力してコツコツやれる子どもなら良いのですが、勉強慣れしていない子どもは意欲がわかずに途中で止めてしまうケースも数多くみられます。しかも、家の外に出ないのでひきこもり状態は解消されない、といったこともあります。

通信制高校は、もともと働く社会人のために設けられた教育機関です。そのため、大学受験レベルの学力を得るのは困難で、進学や就職などの夢は持ちにくい事情もあります。通信教育だけで勉強を続け、ひきこもりから脱却するのは難しいのが現実です。

通信制高校に在籍する生徒の学習をアシストするサポート校

サポート校は、通信制高校の生徒や高等学校卒業程度認定試験合格を目指す子どもを専門的に応援する学習センターです。通信制高校で学ぶのが条件になるので、一種のダブルスクール(複数校の在学)とも言えます。サポート校は通学が主体なので、勉強の授業以外にも様々なイベントが行われ楽しいスクールライフを実現します。また、何年も不登校生を指導してきている専門教師や、同じ経験をした友達もいるため、サポート校は、子どもにとってきっと「新たな居場所」が得られるスクールになるはずです。

不登校・ひきこもりに悩む親御様に、解決から進学までの情報をお届けしています。

このサイトは、トライ式高等学院が運営しています

トライ式高等学院について