今後に向けて 2016.04.01

自分に合った学校、学び方が選べる多彩な進路

現在は、学校、学びのスタイルも多種多様になってきました。不登校・ひきこもりでも、さまざまな学びの場が用意されており、自分に合った進路を選ぶことができます。

全日制高校(全寮制)
一般の高校は、不登校生に対する厳しい選抜がありますが、受け入れに積極的な全寮制の高校が全国各地にあります。
高等専修学校
職業に必要な専門知識・技術・技能を修得する高等専修学校で3年間指定の学科を修了すると、大学入学資格が得られます。
技能連携校
通信制高校や定時制高校と連携した専修学校です。この学校で技能教育を受けると、その一部の単位を高校の履修とみなすことができます。
通信制高校
通信で学び高卒資格が得られます。全国に約210校あり、18万人以上が学んでいます。転・編入学も容易で、不登校生最大の受け入れ教育機関となっています。
通信制高校・サポート校
通信制高校は自習が中心のため苦労する子どもが少なくありません。そのような子どもたちのために、レポート作成から受験まで、学習サポートを専門に行う施設です。通学もできるので人気が高まっています。
定時制高校
授業が夜間に行われるため、日中仕事がしたい人には好適です。多くは4年制で、高校卒業資格が得られます。
フリースクール
不登校生などを対象にした、一般の学校とは異なるもう一つの学校です。高校などの卒業資格は得られませんが、在籍中の学校の出席日数にフリースクール分が加えられるなどの措置が受けられます。

※就学支援金等について

  • 私立通信制高校で単位制をとっている学校の就学支援金は、通常より低く抑えられています。
  • サポート校、フリースクールは学校教育法に基づく学校にならないため、今のところ支援金の対象になっていません。

不登校・ひきこもりに悩む親御様に、解決から進学までの情報をお届けしています。

このサイトは、トライ式高等学院が運営しています

トライ式高等学院について