不登校・ひきこもりで困ったときの相談先

困ったとき、他の人に話を聞いてほしいときは、親や家族だけの問題にせず、周りの人たちに相談してみましょう。話すだけでも気持ちが楽になります。メールや電話など、相談方法はいろいろあります。子どもの状態や親の考えを整理してから当たってみましょう。

学校
学級担任、教科担任、生徒指導主事(生徒指導主任)、教育相談担当、保健室の養護教師のほか、一部の公立中学校や公立高校には、臨床心理士のスクールカウンセラーがいます。メンタルヘルス知識を持った先生も増えています。
文部科学省 24時間いじめ相談ダイヤル
0570-0-78310(全国共通)
不登校、ひきこもりの相談も受けています。
教育支援センター(適応指導教室)
各教育委員会によって設けられている相談窓口です。指導員のほか、精神科医、臨床心理士が対応してくれる場合もあります。
教育(相談)センター
東京、大阪などをはじめ各都市にあります。電話やインターネットでも対応しています。
精神保健福祉センター
各都道府県、市にあります。不登校・ひきこもりの相談、支援を行っています。
ひきこもり地域支援センター
相談を受けるほか、必要な場合は関係機関と連携して支援に動いてくれます。
*このほか、青少年相談センター、児童相談所、保健所などでも相談を行っています。
医療機関
心身の異常、精神疾患が疑われる場合は、精神疾患を専門とする精神科・神経科、内科的診療も受けられる心療内科、心の問題を専門とするメンタルクリニックなどへ。
NPO・民間の相談・支援機関
不登校・ひきこもり・いじめ対策を行っているNPO、親の会、民間の相談・支援センターなど多数あります。

不登校・ひきこもりに悩む親御様に、解決から進学までの情報をお届けしています。

このサイトは、トライ式高等学院が運営しています

トライ式高等学院について