フリースクールで自分らしさを取り戻す

フリースクールは、従来の学校にとらわれないスクールとして、一部の不登校・ひきこもりの子どもにとっては、またとない「居場所」となっている民間教育施設です。

その規模や教育方法、活動内容は施設によって様々です。通っている子どもが10名足らずの小さな教室もあれば、廃校を利用したスクールや、100人以上が通う学校スタイルのところもあります。運営主体も個人的なものから組織的な活動を行っているNPO法人などいろいろです。子どもの自由性を尊重した教育が大きな特色で、スタッフも子どもと対等な立場で接しています。ただし実際の教育は自習スタイルだけでなく、通信制高校並みのカリキュラムと時間割で体系的な教育を進めているところもあります。

人間的な成長を目指した人と人の交流活動を重視しているのも大きな特色で、多彩なスクール行事、部活や課外活動、地域との交流も盛んに行われます。

小・中学生を対象にした施設が多くを占めますが、高校生を受け入れるフリースクールも増えています。また、大学生を対象としたフリースクールもできています。

フリースクールの定義と文部科学省の支援状況

フリースクールには、特に決まった定義はありませんが、一部の私立認可学校を除き、ほとんどは正規の学校認可を受けていません。このため、卒業あるいは過程を修了しても、高校卒業などの資格は得られません。また、高校無償化(私立の場合は就学支援金)の対象にもなりません。ただし、別の学校に在学している場合は、不登校支援ということで、学校長の判断で通った日数が学校出席分としてカウントされることもあります。

運営・内容・施設設備などでお薦めできないスクールもあるので、NPOネットワーク組織に加盟するフリースクールを選ぶのが無難です。

不登校・ひきこもりに悩む親御様に、解決から進学までの情報をお届けしています。

このサイトは、トライ式高等学院が運営しています

トライ式高等学院について