学力が低下し、勉強嫌いが加速する

不登校とひきこもりは、さまざまな影響をもたらします。最も身近なのは、授業を受けないため、学力低下につながることです。

「勉強が嫌い」「成績が悪い」「自信のある教科でつまずいた」などがきっかけで不登校になる子は少なくありませんが、たとえ成績の良い子でも不登校になれば、自然と勉強から遠ざかり、学力は低下します。そしてそのことがストレスになり、自暴自棄にもなっていきます。

一度再登校しても、子どもによっては授業についていけず、再び学校に行かなくなることもあります。高校生以上の場合は、中退や留年、退学といったリスクも高まります。

「勉強でもしたら」はかえって逆効果

学校に行かなくなったことで、子どもは安心したように落ち着くときがあります。でも、内心では学校に行かないことに不安や焦りを強く感じています。それをまぎらわそうと、ゲームに熱中したりします。こんなとき親としては「勉強でもしたら」と言いたくなりますが、かえって逆効果です。学校とイコールの勉強は遠ざけたいことの一つ。また、集中もできません。

学習の遅れは取り戻すことができる

学習の遅れは、よほどの学力低下状態でなければ、必ず取り戻すことができます。少し時間はかかりますが、勉強する意欲が回復すれば自学自習ができ、再登校もできます。授業の遅れは、学校でも対応してくれますし、塾や通信教育などを活用する方法もあります。

不登校・ひきこもりに悩む親御様に、解決から進学までの情報をお届けしています。

このサイトは、トライ式高等学院が運営しています

トライ式高等学院について