生徒の体験談 2016.07.11

【文化学園大学合格】「ファッションデザイナーになりたい。」幼い頃から描いていた夢を目指して進学|富澤依純さん

自分の好きなことが授業として学べる。一番やりたいことに近づける場所がトライ式高等学院だと思いました。

トライ式高等学院について聞かせてください。中高一貫校に通っていたそうですが、なぜトライ式高等学院に入学しようと思ったのですか?

中学生の時はちゃんと通っていましたが、高校生になってから体調を崩して、学校に通えなくなってしまいました。学校を辞めたいと思うようになり、通信制高校を探していた時にトライ式高等学院を見つけました。通信制高校というと派手なイメージがありますが、トライ式高等学院はとても落ち着いていて、授業も集団ではなく、個別で自分の好きなことを学べるところが魅力でした。受験を考えた時にここが一番やりたいことに近づける場所かなと思い、入学しました。

なぜ不登校になったのですか?

中高一貫校の学校に通っていて、高校に入ってから受験や将来のことを考えるようになりました。「今まで勉強してなかった分、勉強しなきゃ。」と思っていたのに、授業中周りの生徒が騒がしくて勉強に集中できなかったことで、常にストレスを感じていました。部活は中学からダンス部に入っていましたが、高校になってから急に厳しくなって、部活中気持ち悪くなったり、ご飯が食べられなくなったりして、体調を崩して通えなくなってしまいました。学校を辞めたのは高校1年の冬です。

不登校だった期間はどのように過ごしていましたか?

2ヶ月ほど学校に通えなかったのですが、できる限り規則正しい生活をしようと思っていました。家にこもるのではなく、昼間はアルバイトに行き、なるべく行動するようにしていましたね。学校には行こうと思っていたけど、身体がそこまで追いつきませんでした。学校を辞めたいと思っていて、辞めてすぐにトライ式高等学院に入学しました。

前の学校を辞めることやトライ式高等学院に入学することはご両親に相談しましたか?

元々持病があり、前の学校を辞める2ヶ月くらい前から体調を崩してずっと家にいました。どんなに頑張っても週2回の登校が限界で、途中からしか行けなかったので、そんな私の姿を見て、親も「辞めたいなら辞めていいよ」と言ってくれました。姉が通信制高校に通っていたこともあり、通信制高校に対する偏見などはなかったので、トライ式高等学院に入学することは、快く了承してくれました。

トライ式高等学院にはどれくらいの頻度で通っていましたか?

トライ式高等学院に来た当初は教室で授業を受けていましたが、途中で体調を崩しやすくなり、電車に長時間乗るのも辛かったので自宅で授業を受けるようになりました。高校3年になって「このままでは受験できない」と思い、体調も安定してきたので、また通うようになりました。受験期間中はほぼ毎日通っていました。受験に向けて授業をたくさんとっていたし、トライ式高等学院に友達もいたので、自習をしに来ることもありました。今でも体調が悪くなったら休むようにはしていますが、友達がいるので「頑張って行ってみよう」という気になれます。

友達と一緒だと学校が楽しくなりますよね。トライ式高等学院の先生方の印象はどうですか?

マンツーマンなので先生との距離が近く、フレンドリーな先生が多いです。私の担当の先生は文化学園大学出身の先生なので、大学のことも教えてくれます。具合が悪くなると休憩を挟んでくれて、体調に合わせて授業の内容を決めてくれました。授業中に苦痛に感じることはありませんでした。あと、自分から話せなくても、先生から話しかけてくれるので、自然に会話が弾みます。時には勉強のことだけではなく、恋愛や人間関係などプライベートな相談もしちゃいます(笑)

フレンドリーな先生だと授業も楽しそうですね。マンツーマン指導で良かったことはありますか。

質問しやすいし、間違えても詳しく教えてくれるので、とてもわかりやすいところです。わからないところは何回も聞けるし、できなかったところを中心に問題を出してくれます。自分に合わせた授業が受けられるとこがいいところです。ただ自分が休むと授業がなくなってしまうから、先生に悪いと感じてしまうこともあります。

次に大学についてお聞きします。合格した大学名とその大学に志望した理由を教えてください。

文化学園大学の現代文化学部国際ファッション文化学科に合格しました。進路を考えた時に、英文科に行くかファッションに行くか悩んでいたのですが、国際ファッション学科なら英語とファッションどちらも学べるので、ピッタリでした。ファッション学科を志望していたのは、服を作ることに興味があったから。小学生のころから習っているダンスの衣装を、お母さんが毎回手作りで作っていたのを間近で見ていたことがきっかけですね。友達のお母さんが文化学園大学出身で、一人ひとりに似合う衣装のデザインを描いて、作ってくれたこともあります。小学校の卒業文集に『ファッションデザイナーになりたい』と書いていたので、「やっと叶ったなぁ」という感じです。

昔からの夢を叶えるってすごいですね!大学に入ってやりたいことや将来なりたい職業はありますか?

ファッションの企画をするサークルに入りたいと思っています。そのサークルに入れば授業とは別に自分たちでファッションショーや制作ができるし、サークルを通して他の学部の学生とも仲良くなれることも魅力です。将来は、デザイナーか雑誌のスタイリストになりたいなと思っています。スタイリストは大量の服を運ぶようで、体力を使うことがすごく不安なのですが、そこは頑張りたいと思います。将来的には海外で活躍したいです。

(取材日:2014/11/11)

不登校・ひきこもりに悩む親御様に、解決から進学までの情報をお届けしています。

このサイトは、トライ式高等学院が運営しています

トライ式高等学院について