生徒の体験談 2016.07.11

勉強をさぼっていたことから担任と不仲になり転校。今は受験勉強を頑張ってます|清水慎太郎さん(高3)

トライ式高等学院に入学したきっかけを教えてください。

以前は進学校だったんですけど、勉強をずっとさぼっていて部活ばっかりやってたんですよ。もともと高2のときの担任とは折り合いが悪くて、僕のそういう不真面目な態度が気に入らなかったらしく単位を与えてもらえなくて進級できませんでした。だったら、違う学校に転校しようかなと思ったのがきっかけです。受験を考えていたので、時間を自由に使えるところに魅力を感じてトライ式高等学院を選びました。

前の学校をやめるとき、保護者の方に相談しましたか。

親は僕と担任の不仲を知ってました。今でも担任のことは許せないって言ってますね(笑)。担任が単位つけないって異常なことらしいので。その担任じゃなかったら学校を続けてたかもしれませんが、勉強をさぼってた自分が悪いのでしょうがないなって思っています。でも、トライ式高等学院はすごくいい先生ばかりで安心しました。

先生との相性は重要ですよね。今は勉強にやる気が出てきましたか。

今年の夏になって「このままじゃどこの大学にも入れない」と思って、勉強を頑張るようになりました。英語が苦手で右も左もわからない状態だったんですけど、先生が丁寧に教えてくれてわかるようになりました。塾にも行ってたんですけど、トライ式高等学院の先生の指導が一番わかりやすくて成績も上がりました。生徒のレベルに合わせて指導してくれるし、担当じゃない先生に質問してもわかりやすく教えてくれるところがいいですね。

今は受験勉強を頑張っているんですよね。

将来は警察官になりたいので日大か法政の法学部に行きたいと思っています。フットサル部とバスケ部に入ってたんですけど、受験勉強するためにやめました。運動することが好きなのでとても残念ですが、今は部活している時間があったら英単語1つ覚えなきゃって感じです(笑)。

フットサル部とバスケ部の活動は楽しかったですか。

中学とか前の高校の部活よりも練習が厳しくないので、とても楽しかったです。どっちも初心者として入部したんですけど、先生たちがサポートしてくれるので全然心配いらなかったです。コーチの教え方も上手でしたし。前の学校ではバレー部だったんですけど、練習は厳しいし、敬語の使い方からご飯を置く位置とかまで指導されてとてもきつかったです。それに、担任が「成績が悪いのだから部活に参加すべきじゃない」という考えの人で、部活に圧力をかけて試合とかに出れなくなっちゃったんですよ。1か月くらい参加できないときもありました。

それはとても残念でしたね…。それでは最後に、今後の目標を教えてください。

大学に入ったら格闘技を習いたいです。あとはやっぱり、大学では遊びたいですね(笑)。でもそのために、とにかく受験に向けて勉強することが目標です。今は時間を自由に使えるので、余った時間にさぼらないようにわざと課題を多く出してもらっています。「あのときやっていれば良かった」と後悔したくないので、気合を入れて頑張ります!

(取材日:2013/11/8)

不登校・ひきこもりに悩む親御様に、解決から進学までの情報をお届けしています。

このサイトは、トライ式高等学院が運営しています

トライ式高等学院について