生徒の体験談 2016.07.11

【田園調布大学合格】1人で悩んでいるのは辛いだけ。トライ式高等学院で信頼できる友達や先生に出会い、対人恐怖症を克服|大和田 幸実さん

不登校の人には僕のように、「1人で大丈夫」という考えを持ってほしくない。信頼できてなんでも話せる友達や先生、家族の存在があったらからこそ僕は変われた。

田園調布大学に合格されたそうですね。学部と志望理由を教えてください。

社会福祉学部・社会福祉専攻です。僕は将来、児童をカウンセリングする仕事に就きたいと思っているので、この学部で福祉について色々学び、社会福祉士の資格を取得したいと思っています。

素敵な夢があっていいですね。子どものケアをしたいと思ったきっかけはなんですか?

僕は不登校の経験があり、学校に行けない時期は児童養護施設にお世話になっていたんです。ポジティブに考えると不登校って、誰もが経験できることではないですよね。だから僕は不登校の経験を生かして、自分のように悩んでいる子どもたちの手助けがしたいと思っているんです。

子どものケアをする仕事は社会福祉士以外にも児童指導員や児童福祉士などありますが、なぜ社会福祉士になりたいのですか?

僕がお世話になった施設の応募資格に社会福祉士が必要だったからです。カウンセリングを受けて僕自身とても助けてもらったから、できればその施設で働きたいと思っています。本当は精神保健福祉士も目指そうとしたんですが、社会福祉士と同時に取得だと勉強するのも大変だし負担になるから、社会福祉士だけにしようと思いました。社会福祉士の試験は難しいから、取得できるか今から不安でいっぱいです。

取得できるようがんばってください!社会福祉士の資格なら他の大学でも取得できると思いますが、田園調布大学を選んだ理由はなんですか?

田園調布大学は総合大学ではなく、福祉に特化した大学なんです。だから福祉に関して専門的に学べるし、同じ目標を持った仲間に出会えると思ったからです。あとは、生徒が空いた時間に先生に個別で相談できる『アドバイザー制度』に惹かれました。

一般入試から推薦入試に切り替えたそうですが、なぜですか?

トライ式高等学院での評定が思ったより良くて、推薦を勧められたからです。切り替えたのは高3の10月頃でとても遅かったのですが、先生が課題の書き方や面接でのポイントを1つ1つ丁寧に教えてくれました。急だったし、親には怒られると思ったけど、反対しないで応援してくれたので、そういう部分にもとても助けられました。

大学に入ってやってみたいこと、楽しみなことはありますか?

トライ式高等学院では主に部活の人間関係が中心だったので、もっと大きな人間関係を築けたらいいなと思います。
友達を作ったりサークルに入ったり。単純かもしれませんが、充実したキャンパスライフを送りたいです。

今からとても楽しみですね!では次に、トライ式高等学院について聞かせてください。トライ式高等学院に入学したきっかけはなんでしたか?

不登校の時期は人間関係に疲れていて、誰とも接したくなかったし、対人恐怖症のため電車に乗ることすらできませんでした。
それに、普通の学生は学校に行っているのに、学校に行かず家にいる自分のことをずっと責めていました。前まで当たり前に通っていたのにいきなり行けなくなって信じられなかったし、ショックでした。でも「社会福祉士になりたい」という夢を見つけて、このままじゃダメだと思って色々な通信制高校を探していたら、僕のニーズにピッタリだったのがトライ式高等学院だったんです。それで入学を決めました。

1 2

不登校・ひきこもりに悩む親御様に、解決から進学までの情報をお届けしています。

このサイトは、トライ式高等学院が運営しています

トライ式高等学院について