生徒の体験談 2016.07.11

【京都産業大学合格】周りの友達が良い刺激となり見事大学進学へ|村山智一さん(大学1年)

京都産業大学合格おめでとうございます。大学生活はいかがですか?

授業の時間も増えてきて結構しんどいです(笑)でも友達もできたし、ダブルダッチのサークルにも入って楽しいです。

それは何よりですね。大学進学は以前から考えていたんですか?

はい、そうですね。どこの大学に行きたい!っていうのはなかったんですけど、大学には行こうと思ってました。でも高校3年くらいまで全然受験対策もしてなかったので、大変でしたね。受験勉強は最初3時間位しかしてなかったんですけど、最終的には1日8時間くらいトライで勉強して、家に帰ってからも勉強するようになっていました。勉強時間が増えたのは志望校のレベルを上げたからなんですけどね。

何故そんなにやる気になったんですか?

最初はそんなに上の大学目指してなかったし、ほどほどに勉強して入れる大学でいいやって思っていました。でも担当してくれた先生に『上を目指さなくちゃダメだ』って言われたんです。正直最初はめんどくさいなって思いましたけど、成績も少しずつ上がってきていたので、自分でも上を目指せるんじゃないかと思ったし、先生も褒めてくれたので、やる気になったのかもしれませんね。
あとは、周りの生徒にも受験生が何人かいて、みんなが頑張っているのを見て、やっぱ自分もやんなきゃダメだなって思ったのもあります。

周りの友達とも良い関係だったんですね。

そうですね。結構友達もできましたよ。僕が通っていたキャンパスはクラスでホームルームをやったりして、みんな和気あいあいとしてましたね(笑)友達同士でわからない所を教え合ったりもしました。

ちなみにトライには何故入学したんですか?

僕は高校2年の時に前いた学校でちょっと問題を起こして退学になったんです。で、一緒に退学になった友達と『一緒の学校行こうぜ』って候補に挙げてた学校の中にトライがあって、本来は僕編入になるはずだったんですけど、トライの人が頑張って転校扱いになるようにしてくれたのは大きかったと思います。その友達は結局トライには入学しなかったんですけどね(笑)

入学前から色々相談に乗ってくれるんですね。今後の目標や夢は何かありますか?

教職免許を取って、学校の先生になりたいと思っています。赴任した学校でダブルダッチ部を作ってその顧問になりたいなって(笑)僕の次の世代にも楽しいものをどんどん教えてあげたいと思います。

(取材日:2013/5/28)

不登校・ひきこもりに悩む親御様に、解決から進学までの情報をお届けしています。

このサイトは、トライ式高等学院が運営しています

トライ式高等学院について