生徒の体験談 2016.04.28

【同志社大学合格】成績が伸び悩んでもくじけず見事第一志望大学合格!|M.Nさん(大学1年)

第一志望校に合格したそうですね!

はい、そうなんです!同志社大学 文学部英文科に合格しました。授業は英語の授業ばかりなんですが、まだそこまで難しくはないので、とても楽しんでいます。

受験勉強はどう乗り越えましたか?

私は家だと勉強できないので、トライで毎日8時間くらい勉強していました。授業は週3日だったんですけど、授業がない日は自習してたんです。私は暗記系の社会が苦手なんですが、担当の先生の専門がたまたま日本史で本当に助かりました。わかりやくす教えてくれたおかげで合格できたのだと思います。

なるほど。先生に恵まれたんですね。

はい、本当に良い環境だったと思います。センター試験を受けたんですが、いつも安定して取れていた国語が全然できなくて、自信をなくしてトライで泣いてたんです(笑)模試ではいつもC,D判定しか取れなくて、どんなに頑張っても成績が伸びなくて辛かったです。それでも同志社の試験があと1週間だったからとりあえず勉強してたんですけど、全然頭に入らなくて。泣いていたらキャンパス長に『帰るけど、大丈夫?』って言われて『大丈夫じゃない!』って泣きながら答えてました(笑)
先生以外のスタッフの方も色々気にかけてくれて、本当にありがたかったです。担当してくれた先生は合格祝いにパンケーキの美味しいお店に連れて行ってくれました。

自信喪失したまま受験に臨むのは辛いですよね。合格発表の時はどうでしたか?

もう絶対同志社は無理だと思ってました。他の大学も何校か受けてたんですが、自信のあったところがダメだったので…。合格発表まで本当に地獄のような5日間でした(笑)どうせ落ちているから発表を見るのも嫌だったんですけど、合格発表を見た瞬間は信じられませんでした。母親と一緒に泣いて喜びましたね(笑)

トライにはどういった経緯で入学したんでしょう?

トライの前は進学校に通っていたんです。自分が思っていたよりもハードで、2年の春に学校で倒れてしまって、それ以来学校に行けなくなってしまいました。1日休むとなかなか学校に戻れなくなってしまって。本当は戻れるなら前の学校に戻りたかったんですけど、体が追いつかなくて結局進級出来なくなってしまったんです。留年は絶対したくなかったので、学校を変えることにしました。
他の通信制高校も色々見たんですけど、他の学校って目指す所が『高校卒業』で、『大学進学』の為の勉強は全然してなかったんですよ。私は大学に行きたかったので、大学進学も対応しているトライを選びました。

なるほど。進みたい道に進めてよかったですね。今後の目標は何かありますか?

英語がもっとできるようになったら、海外の人と交流のあるような仕事ができたらいいなって思っています。留学もしてみたいですね。

最後に大学進学を目指している方にメッセージをお願いします。

私はギリギリまで合格点に乗らなくて諦めかけてましたが、実際に試験を受けてみたら結構点数が取れていたので諦めなくて良かったと思っています。
トライに入学する方は先生とかキャンパス長に頼れるだけ頼った方が良いと思います。私の場合最後の方はずっと泣きごと聞いてもらっていたので(笑)

(取材日:2013/5/28)

不登校・ひきこもりに悩む親御様に、解決から進学までの情報をお届けしています。

このサイトは、トライ式高等学院が運営しています

トライ式高等学院について