生徒の体験談 2016.06.18

ゼミをきっかけに、夢はゲームプログラマー!|松坂壮一郎さん(高2)

トライのゼミをきっかけに将来やりたいことを見つけたそうですね?

はい。ゲームプログラミングをやりたいんです。昔から何か作るのもゲームも好きでしたが、気持ちが確定したのは、トライのキャリア教育ゼミで体験授業を受けた時です。『パックマン』というゲーム、わかりますか? その時のゼミは、ああいうゲームを自分で作ってみようという内容で、やってみてすごく面白いなって思ったんです。

今はその夢に向かって勉強に励んでいるんですね。

プログラマーになるために、今ネットでいろいろ大学を調べていて、私立の理系を受験しようかと思っています。トライでは受験に必要な英語、数学、あと物理を勉強しています。数学は、単位を取るためのレポートを早く終わらせたので、今は受験勉強に集中しています。

松坂君は、なぜトライ式高等学院を選んだんですか?

中学受験で進学校に入ったんですけど、授業のスピードがどんどん早くなって途中でついて行けなくなって。受験で燃え尽きてしまったみたいです(笑)。それで成績がジェットコースターみたいに落ちちゃったんです。このまま無理して高校に上がってもな…と思って、親とも相談してトライに来ました。

トライに入ってみて、「ここが良いな」と思ったことはありますか?

個別授業だから自分のペースで勉強ができるところや、わからないところはすぐ質問できるところが良いです。前の学校では授業の流れを止めたくなくて、なかなか聞けなかったので。あとは、先生方も面白い人たちがいっぱいいるし、先輩達も壁がなくて優しいし。とても楽しく通ってます。

トライには勉強以外にもイベントがあるそうですが、参加していますか?

はい、積極的に出席しています。ボーリングやバーベキュー、高尾山登山とか、修学旅行みたいなのもあるんですよ。そういうのは体育の単位にもなるし、なにより面白いし(笑)。イベントは、友達と仲良くなりやすいのも良いですね。

学校に行けない人、行けても悩んでいる人に、メッセージをお願いします。

僕もそうだったからわかるんですけど、そういう人たちって「怖がって」いるんじゃないかなって。やってみれば結構簡単だったりするんですよね。とりあえずトライに来てみては? あとは先生にまかせちゃえ!(笑)

(取材日:2012/11/6)

不登校・ひきこもりに悩む親御様に、解決から進学までの情報をお届けしています。

このサイトは、トライ式高等学院が運営しています

トライ式高等学院について