生徒の体験談 2016.07.11

トライに入ったからこそ、目指せる大学がある!|前田篤志さん(高3)

前田君は、どうしてトライ式高等学院を選んだのですか?

前の高校を辞めた時、「通信制高校」っていうキーワードでネット検索したんです。どうせならちゃんと勉強できるところがいいと思っていろいろチェックしたんですけど、トライなら学校に毎日行けるし、個別授業で勉強に特化しているから良いかな、と思って。

ご両親が学校探しをすることが多い中、前田君は行動的ですね!

その日のうちに自分で相談の電話もしたんです。そしたら、ちょっと来てくれないかって言われて、すぐ両親と面接に行ったんです。そこで「トライには良い先生がたくさんいるし、勉強をするには最高の環境だ」って熱心に説明されて(笑)。両親も、しっかり勉強するなら入れてやると言うんで、その場で「やる」って即決しました。

ご両親に約束した通り、朝から夜まで頑張って勉強しているそうですね。

前の学校にいたときは大学なんてどこでもいいと思ってたんです。でもトライに入ってみたら、みんなすごく上の大学を狙って頑張っていたんです。だから、「負けてらんない、俺もいい大学に行こう!」と思って頑張っていたら、だんだん勉強がわかるようになってきて。そしたら望みも出てきて、今必死に勉強しているところです。

前の学校のままだったら、大学進学はどうしていたでしょう?

前は部活でバスケばっかりやっていて勉強なんか全然しなかったし、たぶん推薦で入れる適当な大学にパッと行ってましたね。こんなに真剣に勉強しているのは人生で初めてです(笑)。自分より勉強できる人が周りにたくさんいるし、受験の情報交換もできるから「俺、これじゃヤバい!」って刺激にもなります。

勉強は面白くなってきましたか?

例えば政治経済なんかは、わかればわかるだけ意味も深まるし、やればやるだけ点数が上がるので面白いなって思いますね。英語も長文読解の達成感が得られるようになって、次もどんどん挑戦したいって思うようになりました。

トライに入って、何が一番良かったと思いますか?

全日制高校と違って時間の使い方が自由じゃないですか。だから受験科目に絞って勉強できるし、個別指導で受験のノウハウを伝授してもらえるし。そこがやっぱりいいところですね。

今現在、ひきこもりや不登校で全日制の高校に行けなくて悩んでいる子たちにメッセージをお願いします。

トライ式高等学院は学年が全く関係ないから、1年生から3年生までみんな仲良くできます。合同のイベントがたくさんあるし、すごく楽しいところです。もちろん勉強にも良い環境なので、自分は志望校合格という結果も出すつもりです。トライを選んで良かったな、と思っています。

(取材日:2012/11/6)

不登校・ひきこもりに悩む親御様に、解決から進学までの情報をお届けしています。

このサイトは、トライ式高等学院が運営しています

トライ式高等学院について