生徒の体験談 2016.07.11

将来は子どもたちに英語を教えていきたい|小谷野萌子さん(専門学校1年生)

トライ式高等学院を卒業後は神田外語専門学校に進学したと聞きました。学校生活はどうですか?

小さい頃から英語を習っていて、英語にはずっと関心があったんです。神田外語専門学校には児童英語教育科という学科があって、そこに惹かれて入学したんですが、毎日すごく楽しくて仕方ないです!子ども心理や一般教養、コミュニケーションなどについて学んでいて、課題が多くて大変ですけど、好きなことが勉強できるって本当に幸せだなぁって思っています。

毎日充実しているなんてうらやましい限りです。トライに入学したのは何かきっかけがあったんですか?

トライに入学したのは高2の10月ぐらいでした。それまで通っていた学校は課題が終わらないと帰れないような進学校で、校則がすごく厳しかったこともあって、あまり馴染めなかったんです。でも友達もいたし、頑張って通っていたんですが、2年生になった時にクラス替えがあって、そのクラスで馴染めず8月の修学旅行に参加したのを最後に学校に行かなくなってしまいました。

学校を辞めたいと思った時、誰かに相談しましたか?

『学校を辞めたい』ってなった時は、母親とすごく話し合って決めましたね。辞めること自体に反対されたわけではないんですが、『学校辞めた後はどうするの?』って言われて。自分でも色々考えてネットで調べたりもしたんですが、元々集団があまり得意でなかったので、マンツーマン指導をしているトライ式高等学院に入学することに決めました。

なるほど、そういった経緯があったんですね。トライに入学して担当の先生との関係はどうでした?

私は吉川先生に英語を週3日教わっていました。先生は厳しく怒ることもありましたけど、今思うとすごく為になったなって思います。私の場合は勉強以外の悩みを聞いてもらうことが多くて、メンタル面での支えにもなってくれたので本当に頼りにしていました。吉川先生が担当してくれて良かったと本気で思っています。

先生やご家族の支えがあったからこそ辛い時期を乗り越えられたのかもしれませんね。専門学校卒業後はどうしたいとお考えですか?

卒業したら、やっぱり子どもに英語を教える仕事に就きたいと思っています。
ニュージーランドやカナダに留学してもっと色んな事を学んでみたいです。いずれは海外に住みたいとも考えています。

とても前向きな目標で素晴らしいです。では、同じように学校に行けなくなったり、悩んでいる方に何かアドバイスはありますか?

学校に行けなくて一人ですごく悩んでいるなら、まずは親とよく相談するのが良いと思います。私も何度も何度も母親と話し合ったんで(笑)それで自分で決めたことを本当に頑張れるなら、次のステップに進んでみるのも良いと思います。

(取材日:2013/5/18)

不登校・ひきこもりに悩む親御様に、解決から進学までの情報をお届けしています。

このサイトは、トライ式高等学院が運営しています

トライ式高等学院について