生徒の体験談 2016.07.11

引きこもりを克服して大学生活を満喫|小林万容さん(大学1年)

愛知学院大学の文学部に通っているそうですね。なぜこの大学を選んだのですか?

最初の希望大学は名古屋女子短期大学だったんですが、歴史が勉強したいというのと、以前通っていた高校が元女子高で女子がたくさんいるところでした。その環境でトラブルがあったので共学に行きたいと思い、愛知学院大学に決めました。

そうだったんですか。大学は楽しいですか?

はい、とっても楽しいです。歴史が好きで歴史学科なんですが、授業もすごく楽しいです。あと、軽音サークルに入っていて、初心者ですがギターをやっています。まだ先輩に教えてもらうときはすごく緊張するんですけど、趣味の合う友達もできて、とても楽しいです。

それは良かったですね。前の学校でのトラブルとはどんなことだったのか聞いてもいいですか。

はい。高校のクラスに少し性格のキツイ子がいました。小・中学校は人数も少なく性格のキツイ子とかもいなかったので、その子と接していて精神的に辛くなってしまい、それが原因で行けなくなってしまいました。高校1年の3学期は週1回保健室に登校して2年にあがったんですが、やっぱり夏休みを挟むと行けなくなってしまいました。それなら冬休み前に学校を変えたほうがいいと思って、10月に思い切ってトライへ転校しました。

なぜトライを選んだのですか?

最初は引きこもっていたんですけど、やっぱり高校を卒業して大学に行きたいと思いました。親が「自分で新しい高校を探すなら変えていいよ」って言ってくれたので、大学受験をサポートしてくれるところはどこかなと思って探していたらトライを見つけたんです。トライの他にもいいなと思った学校もあったんですが、スクーリングが合宿で遠くに行かないといけなくて、そんなの嫌だと思って(笑)。本当にそのときは気分が沈んでいたので、あんまり家から出たくなかったんです。あと、前の学校の単位をそのまま引き継いでくれるって聞いて、それならトライがいいかなと思ったんです。

通学型ではなく自宅型だったそうですが、それはなぜですか?

友達関係がきっかけで引きこもっていたので、最初はあまり人に関わらないでおこうと思い、先生が家に来てくれる自宅型にしました。イベントのときとか、受験で小論文の指導をしてもらうときだけ教室に通いました。あとはずっと自宅。でもイベントに参加して友達ができました。

それでは最後に、不登校で悩んでいる方にメッセージをお願いします。

自分が高校辞めるなんて思ってなかったし、まさかこんな風になるなんて思わなかったけど、普通の高校じゃなくて通信高校でも大学行けるし、ちゃんと友達もできました。高校に行ってないからって今までの友達がいなくなるわけでもなかったし、そんなに心配することじゃないですよ。自分も通信制高校に変える時、仲良かった友達が「あいつ通信に行くんだって」って自分から離れていくんじゃないかと不安に思ったけど、みんな「そんなの普通じゃない?」って言ってくれたので、大丈夫でした。あまり悩み過ぎない方がいいと思いますよ。

(取材日:2013/6/13)

不登校・ひきこもりに悩む親御様に、解決から進学までの情報をお届けしています。

このサイトは、トライ式高等学院が運営しています

トライ式高等学院について