生徒の体験談 2016.07.11

ゆっくり悩む時間があったからこそ成長できた|A.Tさん(高3)

最初に、トライに入ったきっかけを教えてください。

生まれつき、足が不自由で治療していたんです。その影響でなかなか学校に行けなくて、出席日数が足りなくなってしまって、進級できなくなってしまったんです。あと、クラス替えがなくて3年間クラスが持ち上がりだったので、このまま学校に残ると1つ下の学年に入ることになっていたんです。それだと、やっていけないかなぁというのが正直なところでした。それに大学進学を考えていたので、もう1度高校2年生からやり直そうということで、トライに入りました。

なるほど。通信制にもいろんな学校がありますが、その中でもトライに決めたのはなぜでしょう?

通信制の合同説明会に参加したとき、他の学校だとスクーリングは実際に学校に行って宿泊する必要があると知りました。あまり面識のない人とそういう風に過ごすことが自分にはあっていないと思ったのですが、トライは自宅でも勉強できるしキャンパスに通うこともできるし、目標に合わせて自分のペースで勉強できるというところに惹かれました。

トライに入学してみてどうでしたか?

正直最初はトライがどういうところかわからなかったので、最悪友達できなくてもいいかなと。最初はそんなスタンスだったんです(笑)。でも、先生方がとても親身になってくれて、休みがちでも「大丈夫、少しずつでいいよ」って言ってくれたので、不安や心配は最初の段階でなくなりました。

それで、友達はできました?

友達はできましたよ(笑)。お昼食べるときにだいたいみんなが集まるから、そこで顔を覚えました。あとはスクーリングの一環でゼミに参加したりして、仲良くなりました。今はトライですごく楽しんでいます。

それは良かったですね。トライに入って以前の自分と変わりましたか?

以前の自分とはだいぶ変わりました。考え方もそうだし、物事の処理のペースとか。前までは溜めこんで勝手にネガティブになって落ち込んだりしていたんですけど、最近だったら何か考えてても「このラインを越えたら考えるのやめよう」っていう感じで、自分の中で上手に処理できるようになったんです。悩んでいる時間がもったいないなって。その時間を違うことに使おうって思うようになりました。でも、トライにいるとあんまり悩んでいる暇もないですね(笑)。みんな楽しそうだから。悩んでる自分、何やってるんだろうなって思います。

変われたきっかけって何かあるのでしょうか。

わたしは1年間ゆっくり考える時間があったから良かったんだろうと思います。その中で何かつかめたかなって。あと、いろいろ話せる友達ができたり、頑張っている子たちの姿を見て「わたしはこのままでいいのかな」って考えるようになりました。周りの影響が大きかったですね。今は大学進学目指して勉強を頑張っていますが、一緒に頑張っている子がけっこういるので、それがすごく励みになっています。今、不登校で悩んでいる人だって、人生はこの先何十年とあるから、1年くらいは悩んでいてもいいんじゃないかなと思いますよ。その中で見えてくるものもあると思います。

(取材日:2013/6/13)

不登校・ひきこもりに悩む親御様に、解決から進学までの情報をお届けしています。

このサイトは、トライ式高等学院が運営しています

トライ式高等学院について