生徒の体験談 2016.07.11

違った視点から物事を見ることで前向きに|A.Sさん(卒業生)

高校卒業後はどんな進路に進まれたんですか?

事務職に就くために就職活動をしています。今はトライでワープロ検定や電卓検定の資格取得のための勉強中です。最初は大学受験を目指して入学したんですが、舞妓さんになりたいという夢があって、中学の時からあまり勉強していなかったんです。勉強を始めるのが遅すぎたというのもあったし、途中で先生に相談して受験勉強から資格を取るための勉強に方向を変えました。

なるほど。トライに通学するようになったのはどうしてですか?

高校1年生の途中でトライに入ったんですが、当時色々あって『同級生もいらない』、『クラスメイトに会うのも嫌』という状態でした。たまたま通信制高校だけが集まる説明会があって、そこでトライを知って、マンツーマンでも良いかなって思ったのが理由です。

トライに入学したことで何か自分が変わったと思うことはありますか?

入学当時は本当に人と関わることが嫌でほとんど家にいたんです。母親には小さい頃から悩みを相談していたんですが、2人で抱え込んでいた問題があって、『どうしよう』ってなっていた時に担当の吉川先生が、私たちとは違った見方のアドバイスをくれて、『あぁ、まだ大丈夫なんだ』って前向きな気持ちになれましたね。
それからアルバイトを週3回くらいするようになったし、外の世界に出るようになりました。今まで接する機会のなかった人たちと交流するようになって、アルバイトを辞める時には、スタッフの方から送り物をもらったりして、自分も役に立てたのかも知れないと思って励みになりました。

その悩みとはどんな悩みだったんですか?

IQを調べる機会があって、検査をしたら障害者手帳をあと少しで交付されるレベルだということがわかったんです。お医者さんはまだ手帳を取るほどではないと言っていたんですが、今後の将来にも大きく影響することなので、母親と2人でどうしようって悩んでいました。
そのことで先生と話し合った時に、先生が『医者ができないと言ったことでも、できないことを補うためにどうすればいいかを考えて、頑張れば良いんだよ』、『できないことが少しでもできるようになれば、IQも上がるかもしれないし、絶対にできないなんてことはないんだよ』って言ってくれたんです。
その言葉を聞いて私も母も本当に救われました。

素晴らしい先生に出会えましたね。では、最後に不登校や引きこもりで悩んでいる方へメッセージをお願いします。

とにかく誰かに相談した方が良いと思います。一人では絶対抱えきれないので。誰かに相談しないと引きこもりになってしまったりするので、自分と違った考え方を知れば前向きになれることもありますよ!

(取材日:2013/5/18)

不登校・ひきこもりに悩む親御様に、解決から進学までの情報をお届けしています。

このサイトは、トライ式高等学院が運営しています

トライ式高等学院について