いじめられる環境を変えたことで、不登校を克服 S・Wさん(高校1年生)

S・Wさんは、中学1年生の時に体が小さいことからいじめられるようになりました。状況は悪くなる一方で金銭まで要求されるようになったため、不登校になってしまいました。
S・Wさんの母親は行政のサポートセンターに相談し、そこにS・Wさんを通わせましたが、勉強が遅れるだけで特に何もしてくれなかったそうです。

トライの先生に相談したところ、生活指導に力を入れている私立の中高一貫校を勧めらたので、母親はその学校にS・Wさんを中学2年生になるタイミングで編入させました。そこではいじめられることもなく、以前のように通学できるようになったそうです。

S・Wさんは、高校に上がるタイミングで特進クラスに上がるための勉強をし、見事特進クラスに入ることができました。現在は勉強に苦労しながらも毎日通学しています。

不登校・ひきこもりに悩む親御様に、解決から進学までの情報をお届けしています。

このサイトは、トライ式高等学院が運営しています

トライ式高等学院について