現場の声 2016.07.11

生徒と根気強く向き合い、喜びを分かち合う|調拓郎先生

調先生は、生徒さんとの距離がとても近い印象を受けますね。

そうですね。僕は基本的に、初めての生徒さんと接するときは、趣味の話を聞いたり、オススメの音楽を教えてもらったりといった交流を大切にしています。僕もまだ若いし、やはり生徒たちと目線を合わせることが大切で、人間関係をきちんと築いてからの方が勉強に関してもベストな状態で取り組めるんです。

他にはどんなことに気を遣ってらっしゃいますか?

自宅型学習をしている生徒や、他キャンパスの生徒がテストなどで飯田橋の校舎に集まってくるときは、彼らの名前や顔、基本的データを一致させて、名前を呼ぶことを心がけています。あとは頭をなでたり、ハイタッチしたりといったスキンシップも大切にしています。

このお仕事をしていて、辛いことはありますか?

そうですね…。どんなに相談にのってあげられたとしても、生徒たちの感じている辛さの全てを僕がシェアしてあげられないことでしょうか。精神的にも肉体的にも、目の前で苦しんでいる子がいるのに、代わってやることができない、それが本当に辛いです。

逆に、喜びや遣りがいはどんなところですか?

先ほどの女生徒のこともそうですが、元気な顔で卒業後に現れてくれるのが嬉しいですね。僕は卒業式では毎回「立派な人や、人に褒められる人にならなくていい。健やかに育ってくれればいいから、辛いことがあったらいつでも学校においで」と生徒たちを送り出します。

先生には今後の目標など、何かありますか?

時間がなくてなかなか実行に移せていないのですが、臨床心理士の資格をとりたいと思っています。ずっとこの仕事をやっていきたいので、現場での経験とアカデミックな知識を合わせられれば、もっと生徒たちのために何かできるんじゃないかと思っています。

最後に、ひきこもりや不登校で行き場を無くしたお子さんたちにメッセージをお願いします。

君たちが以前経験した学校生活や先生は、たまたま君と合わなかっただけで、しかも全体のほんの一部です。学校や先生って、そう捨てたもんじゃないってことをトライで知ってほしい。社会のシステムや大人に失望したままでいないでほしい。勇気を持って一歩を踏み出しさえしてくれたら、君の可能性は大きく広がる。トライの先生たちは、君たちをサポートするためにここにいます。

(取材日:2012/11/6)

1 2

調 拓郎(シラベ タクロウ)先生

主な担当教科:全般
受験生から不登校の生徒まで幅広く担当。生徒と根気強く向き合い進路確定まで導く。

不登校・ひきこもりに悩む親御様に、解決から進学までの情報をお届けしています。

このサイトは、トライ式高等学院が運営しています

トライ式高等学院について