現場の声 2016.07.11

生徒との信頼関係つくりを重点に生徒とともに成長していく|村田愛美先生

では、先生を含め、保護者の方や周りの大人の役割はどういったものだとお考えですか?

頑張っている生徒の背中を押してあげるというのが親であり、周りの先生の役割だと思います。また、頑張ってもしんどいときは絶対あります。そういう場合は、逃げてもいいよと言うときもありますが、逃げ癖をつけさせないためのさじ加減が難しい。みんなずっと突っ走れるほど強くはないですからね。生徒が逃げたくなった時にサポートしていくことも、私たち教師の役割だと考えています。

そうときに気をつけなければならないことはありますか?

特に何か考えたわけでもなく何気なく言った言葉を子どもは重たく受け止めたりします。意識していなくても何気なく耳に入ってきた言葉の方が潜在意識に残ることがあるので、周りの大人たちがかけている言葉は子どもたちに非常に大きな影響を与えています。保護者の方に気をつけてほしいことは、子どもが学校に行けない時、頭ごなしに叱るのではなく、何で学校に行けないのか原因について子どもと一緒に考えることです。大人からした些細に感じられることでも、子どもにからすればとても大きなことだったりする。だから、子どもの意思を尊重してほしいと思います。甘やかすことと尊重することは線引きが難しいかもしれませんが、子どもの意思を尊重することがとても大切。子どもに自信をつけさせるにはどうすればいいかを一緒に考えてあげてほしいです。

なるほど。先生自身、気を付けていることや大切にしていることはありますか?

まだ自分も試行錯誤中ですが、生徒に逃げ癖をつけさせないようにしています。1回諦めてしまうと、踏ん張らなきゃいけないところで踏ん張れなくなる。いざというとき踏ん張れる力をつけるために、普段から自分がやると決めたことは小さなことでもいいから達成してもらっています。段階的に挑戦していくと、自分がやれることが増えてくる。すると生徒の自信にもつながります。あとは、生徒とともにチャレンジし続けることが、自分の中で大事なことですね。生徒は受験とか、不登校から立ち直ろうとすごくチャレンジしている。それをサポートする側の人間として、自分自身も常に成長していかなければならないと思っています。

それでは最後に、不登校で悩んでいるお子さんや保護者の方にメッセージをお願いします。

不登校をマイナスに捉えないでほしいです。それも一つの個性だと思うからです。たまたまその子にその学校が合わなかったために結果として不登校になってしまっただけなので、その子がいるべき場所、その子に合った場所に行けば、ちゃんと力を発揮できる。前の学校で不登校になってしまっただけで「うちの子は出来ない子なんだ」とか、マイナスに捉えないでほしいと思います。個性に合った場所、いるべき場所にいれば、自信がつき本来の力を発揮できます。

(取材日:2013/6/13)

1 2

村田 愛美(ムラタ マナミ)先生

主な担当教科:文系全般/英語
生徒と共に常にチャレンジしている教師。趣味はマラソン。

不登校・ひきこもりに悩む親御様に、解決から進学までの情報をお届けしています。

このサイトは、トライ式高等学院が運営しています

トライ式高等学院について