現場の声 2016.07.11

周りに変化を求めるのではなく、自分が変われば周りも変わる|小林克司先生

確かに、生徒にとってはとても貴重な経験になりますよね。それは不登校の子とそうでない子でも変わらないですか。

全く変わらないですよ。不登校の子とそうでない子は個性・性質が違うだけですから。自分も友達や先生に嫌なことを言われて学校に行きたくなかったことがありますし。高校生はそれくらい感受性豊かでもいいんじゃないですか。

全く変わらないのであれば、接するときにも特に対応を変えたりはしないのですか。

生徒のもともとの性質に合わせて態度は変えますけど、不登校だとかそうでないとかでは変化はつけません。学校を休んでた子は敏感で、気を使うと嫌がるから特別扱いせず、平等に接するようしています。

そのほかに、気を付けていることはありますか。

いかに生徒の気持ちに同調できるかということには気を付けています。前職のカスタマーセンターの経験を活かして、「あなたの話を聞きたい」「知りたい」ということをアピールするんです。でも、やりすぎると尋問になってしまうので、オウム返しをしたり、生徒が言ったのとは違う言葉を使って繰り返したりします。あなたの言いたいことはこういうことだよね、と。その子に同調できなかったら失敗だと思っているので、生徒の話を聞いて自分も同じ立場だったら嫌だなと思えるくらい同調します。基本的に聞き役に徹するんですが、そうすると生徒はかなり話してくれます。親御さんがびっくりすることもありますよ。「この子、こんなに話すんだ」って。

まさに、聞き役のプロですね。

また来ようと思ってもらわなければならないですからね。とにかく初めは不安だと思うので、和らげてあげる必要があるんです。まずは学校に通ってもらうことが最初の目標で、それから目指すものが進学なのか卒業なのかを見極めて、勉強の指針を立てます。どこがわからないのかわかる教科は苦手じゃないんですよ。わからないところがわからないのが苦手な教科。だからそれを見つけて重点的に指導すると、進学を考えてなかった子が進学を考えるようになるし、苦手なことがわかってやっと落ち着いて勉強できるようになります。

それが先生の勉強のアプローチ方法なんですね。

あと、人と接することが少ないために言葉を間違って理解している生徒が多いので、それを教えてあげる場を設けたいですね。たとえばメールに、「興味があったら取材を受けてくれませんか」と書いてあったら大人はお願いされているんだなと理解しますよね。でも、ある生徒は「取材を受けない」と返してきたんです。だから受けたくないのかなと思って尋ねたら、「特に興味がないんで」と言っていたので「受けてとお願いしたら受けたのか」と聞いたら「はい」と答えたんですよ。そういう風に言葉の意図が掴めないために学校で友達との関係が悪くなってしまうケースが多いですね。1つの言語がいろんな意味を持っていることに気付けていないんです。人によって受け取方が違うということもわかってほしいので、人と接する機会を作って、そういうことを学べる場をつくりたいです。そうしたら、普通の学校に通っている生徒よりもレベルが高くなると思います。

最後に、不登校で悩んでいる生徒や保護者の方にアドバイスをお願いします。

生徒によく言っているのは「インサイドアウト」。周りに変化を求めるんじゃなくて、自分が変われば周りも変わるんだよということを伝えています。今その状況に陥ってしまっているのは自分が特殊だからではなくて、誰でも持っているものの度合いがちょっと人より高かったからそうなってしまっただけで、ほかの人と変わらないんですよ。生徒も親御さんも「普通」だということを信じてほしいですね。周りから「普通じゃない」と言われてしまうからそう思ってしまうんです。私も小学生のとき先生に普通じゃないと言われてすごくショックを受けました。だから、周りからなんと言われようと、それが個性なんだと思えれば精神的不安は軽くなります。そしてお母さんには、特別扱いしないでほしいと言いたいです。病気の場合は別だけど、あまり心配しすぎず、腫物扱いしないでほしいです。お母さんが特別扱いするのをやめたとき、子どもは変化するものです。

(取材日:2013/7/30)

1 2

小林 克司(コバヤシ カツジ)先生

主な担当教科:数学や理数科目が中心。英語も教える。
さまざまな職業を経てトライ式高等学院教師に。さまざまな提案、アプローチで生徒をサポートする。

不登校・ひきこもりに悩む親御様に、解決から進学までの情報をお届けしています。

このサイトは、トライ式高等学院が運営しています

トライ式高等学院について