トライ式高等学院だから将来が広がる

在宅型、個別指導からスタートできる

専任の教師が自宅へ赴き、まずはリラックスできる環境で無理なく学習をスタートすることができます。
マンツーマンの個別指導なので、ひとり一人に合った学習プランを立てられることはもちろん、不登校・ひきこもり対策に関しても経験の豊かな教師がメンタルフレンドとなって心身の両面から学習をサポートします。

学習は個別で。
イベントは思い切り楽しむ

夏季に行われる「トライ式HAWAII留学」をはじめ、修学旅行、声優体験、プロの俳優による演劇トレーニングなど、トライ式高等学院には高校生活を彩るたくさんのイベントが用意されています。共通の悩みを持った仲間と交流できるイベントへの参加をきっかけに、コミュニケーションへの自信を取り戻していく生徒さんもいます。
通信制高校では孤独な高校生活となってしまうのではないか? といった心配はありません。
オフィシャルブログでは、各校の活動について紹介しています。生徒同士が盛んに交流をしている様子をぜひご覧ください。

多くの生徒さんが「在宅型」から「通学型」への移行に成功しています

スタート時に「在宅型」を選択しても、心身の回復に従って「通学型」への切り替えも自在です。通学型に切り替えても、通学する日は週1日から週5日まで、本人の状態と希望によって自由に選択することができます。

トライ式高等学院 教務部長
木村先生から一言。

最近、生徒さんからの声で多いのが、「どんなことを学ぼうとしても、超一流の個別指導が受けられる!」という声です。例えば保育士になりたい子に資格取得で必須となるピアノの先生をつけたり、イタリア料理を学びたいと思えば本場のイタリアンの料理人が自宅まで来て教えてくれるといったことも可能です。語学も英語だけでなく、フランス語や韓国語など、どんな言語も学べます。
しかも、つまみ食いでいいんです!「3回だけフランス語」「2回だけパソコン」、それでいい。それが一期一会になるから。がんばって一流になった方と出会って、いろんな話を聞くと、元気になって、もっと学びたくなるんですよ。

不登校・ひきこもりの基礎知識

不登校・ひきこもり脱却の現場で起こっていること

数多くの生徒たちを不登校・ひきこもりからの脱却へと導いている、トライ式高等学院の木村隆広先生に、不登校解決に必要な具体策をお聞きしました。

「トライ式高等学院」
木村隆広先生

無料カウンセリングのお申込みはこちら

100万人の指導実績を生かした、質の高い指導

他の通信制高校では難しい、小学校からの学び直しもトライ式なら可能です。学習での成功体験を積み重ねながら、再び社会への一歩を踏み出す自信へとつなげていきます。個々のレベルに合わせ、さらに高い学力を引き出すことのできる質の高い指導は、100万人の指導実績を誇る「家庭教師のトライ」が母体になっている、トライ式高等学院だからこそです。

将来まで見据えた指導を実証する、高い進学率

H26年度 進路実績

平成26年度のトライ式高等学院進路実績は、進学率95%以上。高校卒業資格の取得をゴールとせず、卒業後の将来まで見据えた指導の成果を表す数字です。不登校・ひきこもりから脱却すること、そしてその先には大きな可能性を秘めた未来があること――その道を指し示し続けていくことを、私たちはお約束します。

トライ式官民連携について

トライ式高等学院では本校だけの力で不登校・ひきこもりを解決するのではなく、広く様々な機関の協力を得て問題を解決していこうという「官民連携」についても考えています。
一例をあげれば、東京都の場合、不登校解決の取り組みとして「学校へのスクールカウンセラーの配置」「メンタルフレンドの家庭訪問」というふたつの大きな要素があります。スクールカウンセラーで不登校状態を解決できる子は一定数いますが、ボトルネックが家庭問題や、勉強の大きな遅れからくる劣等感、特定の先生や生徒の言葉から深く傷ついたなど、根の深いケースに関しては解決が難しいのが現状です。トライ式では経験に基づき、不登校を比較的簡単に解決できるのは、その状態に陥ってから2ヶ月までだと考えています。そこからは短期間で坂を転げ落ちるようにボトルネックは様々な要因が絡み合い、複雑化していきます。ところが、東京都ではメンタルフレンドの派遣を申請できるのは、不登校の状態になってから6ヶ月以上経過してからです。スクールカウンセラーのセーフティーネットからこぼれてしまって、メンタルフレンド派遣までの4ヶ月の空白期間を、ご家庭を訪問できる我々がケアし、橋渡しをできないかと考えています。

まとめ 〜木村先生から〜

今日、この記事をご覧になってくださった皆様、どうか他人事だと思わずに、一日も早く解決に向け取り組んでいただきたいと思います。お伝えしたいポイントを改めて以下にまとめますのでご参考になさってください。

  • 不登校・ひきこもりからの脱却には、メンタルフレンドの存在が必須。
  • 不登校・ひきこもりからの脱却は、対策が早ければ早いほどよい。
  • 環境を変えることで、不登校・ひきこもりを解消できるケースは少ない。
  • 全日制高校にこだわることがお子さんの幸せとは限らない。
  • 通信制高校という選択肢は、将来の視野を広げる可能性を持っている。
  • お子さんの状態に合わせて個別に対応できる通信制高校・サポート校がベスト。

トライ式高等学院では無料で訪問相談を実施しておりますので、より詳しいアドバイスが欲しい方や、お子さんの状態を正しく把握されたい方はお気軽にご相談ください。

不登校・ひきこもりの基礎知識

不登校・ひきこもり脱却の現場で起こっていること

数多くの生徒たちを不登校・ひきこもりからの脱却へと導いている、トライ式高等学院の木村隆広先生に、不登校解決に必要な具体策をお聞きしました。

「トライ式高等学院」
木村隆広先生

無料カウンセリングのお申込みはこちら

不登校・ひきこもりに悩む親御様に、解決から進学までの情報をお届けしています。

このサイトは、トライ式高等学院が運営しています

トライ式高等学院について