ニュース 2014.03.26

鳥取県 不登校やいじめの対策を強化

 今月24日、鳥取県教育委員会が不登校やいじめの対策強化を目指す会議を開催し、鳥取県教育委員会の横濱教育長や事務局の関係者が今後の具体的な対策について話し合ったそうです。
 不登校の対策としては、学校や家庭と連携し、問題解決にあたるスクールソーシャルワーカーを積極的に活用していくことが決定。同県にはスクールソーシャルワーカーが21人いますが、配置できていない自治体もあるため、来年度は県独自の研修会を開いてスクールソーシャルワーカーの育成にも力を入れていく方針です。
 いじめへの対策では、これまで中学校だけだったネットパトロールの対象を小学校と高校、特別支援学校にも広げることを確認したそうです。
 これらの対策が不登校やいじめの減少につながることを期待します。

不登校・ひきこもりに悩む親御様に、解決から進学までの情報をお届けしています。

このサイトは、トライ式高等学院が運営しています

トライ式高等学院について