FUTURE ACTION
今後に向けて

少し落ち着いた時に『再び学びたい』という意欲がわいてきたときはどういった選択があるでしょうか?
子どもが何を一番やりたいのかという意見を尊重し、負担のかからないようなプランニングが重要になってきます。現在は学校のスタイルも多様化しているので、子どもに合った学習方法をじっくり検討することが大切です。

原因や程度に応じて、さまざまな選択肢を考えよう

サポート校が力強い助っ人となる

不登校・ひきこもりに悩む親御様に、解決から進学までの情報をお届けしています。

このサイトは、トライ式高等学院が運営しています

トライ式高等学院について